• ホーム  > 
  • 先輩職員からのメッセージ
 

児童養護施設 森の木

児童養護施設 森の木
 
児童指導員

 森の木で児童指導員として働き始めて、今年で4年目になりました。これまでの3年間は男子ユニットでこどもの支援に携わってきましたが、今年からは、女子ユニットのチーフをさせて頂いています。

 こども一人ひとりの家庭の状況は違い、考え方も性格ももちろん違います。一般家庭の中でもこどもの養育で悩むことがあるように、施設の中でも日々、一人ひとり成長過程において様々な問題や悩みが出てきます。しかし、その度に、これはこの子が成長する為のチャンスなんだととらえ、問題に対してこどもと一緒に向き合い、丁寧に解決していくことで、こどもとの関係を築くことが出来ます。問題が解決に向かったときに見せるこどもの笑顔は、この仕事をしている上で何物にも代えられないほどの宝物であり、私にとって大きなやりがいになっています。

 森の木でのこどもの支援は決して楽な仕事ではありません。しかし、同じユニットの職員や専門職員や上司に悩みや相談を気兼ねなくできる体制が整っており、大きな問題に直面していても、たくさんの職員が声をかけてくれ、支えてくれるので、安心してこどもの支援をすることが出来るのも、森の木の魅力です。

 森の木で育ったこどもたちが親になった時、職員の姿を思い出して、自分のこどもを愛情いっぱいに育てられる親になってくれるように、支援を続けていきたいと思っています。

 
 
保育士

私は、児童養護施設森の木で働き始めて2年目になります。森の木で勤め始めた時は幼児ユニットを担当していましたが、今年度6月より児童養護施設 地域小規模「さくら」(男子:定員6名)で働かせて頂くことになりました。

私が児童養護施設で働いていて、一番やりがいがあると思うことは、“身近でこどもの成長を見ることが出来る”ことです。こどもと一緒に生活を共にすることは、他の仕事では経験することが出来ないことだと思います。一緒に過ごす中で、時にはこどもと衝突することもありますが、お互いに良い刺激をし合い、こどもにとって親代わりでもあり、私がこどもと年が近いこともあり、時には気持ちに共感し、一緒に悩んだりし、気持ちに寄り添っていきながら、共に成長出来る良い存在だと思っています。

また、日々の支援の仕方で悩んだ時には、先輩職員にすぐに相談して解決に努めており、私自身先輩職員の言葉にたくさん救われています。まだまだ行き届かないところばかりで迷惑をかけてしまうこともありますが、時には厳しく、時にはあたたかい目で見守ってくださっている周りの方々のおかげで、私自身も成長できる職場だと思っています。これからもこどもの気持ちに寄り添える支援を心掛けていきたいと思っています。

 

滝尾保育園

滝尾保育園
 
保育士
  私は滝尾保育園で保育士として働き始めて8年目になります。
子どもたちの成長を近くで感じることができ、感動や発見の毎日です。また、子どもたちから教わることや学ぶことも多く、子どもたちと一緒に過ごす毎日は、私自身も成長できる場でもあります。時に悩んだり、落ち込んだりすることもありますが、子どもたちのとびっきりの笑顔にいつも元気をもらっています。そして何より先輩方や同僚が悩みを共感してくださったり、アドバイスをしてくださったりするお陰で、一人で抱え込まずに働くことができています。
これからも日々努力し、保育の質を高めるとともに、子ども一人ひとりとしっかりと向きあっていきたいと思います。
 
栄養士
 私は、大分県福祉会に栄養士として採用されて10年目になります。

 はじめは児童養護施設に配属され、調理員として7年を過ごし、現在は滝尾保育園で同じ調理員として働いています。

 保育園での給食作りは、毎日、量も多く大変ですが、先輩方からアドバイスをもらいながら頑張っています。子ども達が笑顔で食べる姿を見たり、子ども達からの「おいしい!」という声をきくと、うれしくなります。

 一方で、私生活では私も子どもを持つ母親です。仕事との両立は決して楽なことではありませんが、大分県福祉会では出産や育児のための休暇制度や、子どもが急な熱を出した時などのための看護休暇もあります。

 あわせて、キャリアアップ制度もあり、自分なりの目標を持って働くことができる職場環境なので、私はこれからも、“保育園の子ども達の心と体の発達を給食で支える”という自分なりの目標に向けて努力を続けていきたいと思います。

 

明野しいのみ保育園

明野しいのみ保育園
 
保育士
 「子ども一人ひとりが主役」ということを頭において、毎日保育を楽しんでいます。
その中で、悩んだり落ち込んだりする時もありますが、先輩方からは優しい助言を頂いたり、後輩からはフレッシュなパワーをもらったりしながら、日々成長する子ども達と私自身も成長していける場だと感じています。子ども達にとって何が必要か、保護者にどれだけ寄り添って子育て支援が出来ているか、これからの課題は沢山ありますが、元気の源、子ども達の笑顔に支えてもらいながらこれからも日々精進したいです。
 
保育士

 

 私は保育士になって1年目です。先輩からは分からないことや悩みを優しく聞いて頂き、同期とは気持ちを共有しながら毎日たくさんの事を学びながら保育に励んでいます。子どもが一生懸命頑張る姿を側で見て、何かが出来るようになったり、少しずつ自分の思いを話してくれるようになったり「ゆりかせんせー」と笑顔で駆け寄り話してくれたりすると、疲れも忘れて嬉しい気持ちで一杯になり幸せな職業に就けたなと思います。毎日、いろんなことが起こるので、朝は「今日はどんな一日になるかな」と、とてもワクワクします。これからも子ども達と一緒に成長していきたいと思います。

 

うえの園・清明あけぼの学園

うえの園・清明あけぼの学園
 
生活支援員
 保育士を目指してきた私にとって、障がい者施設での勤務は当初不安でいっぱいでした。しかし、優しい先輩方が親切にご指導くださり、今では毎日楽しく仕事をさせていただいています。うえの園は、失敗を一人の責任にするのではなく全員でカバーし合う、チームワーク溢れる素敵な職場です。私自身、まだまだ至らないところがたくさんありますが、尊敬する先輩方に少しでも近づけるよう、日々努力し続けていきたいと思います。
 
保育士
 清明あけぼの学園で保育士として働いています。勤め始めた頃は聴覚障がい児の担当をし、コミュニケーションをとる為、手話の勉強を頑張りました。周りの職員の方に支えられ、子育てと仕事の両立がしやすい環境です。明るい雰囲気のある職場で、職員同士で声をかけあい、自分がどうしたらよいか分からないことは相談しながら日々支援にあたっています。
 

 

別府厚生館

別府厚生館
 
心理担当職員
母子生活支援施設で心理担当職員をしています。施設に入っている子どもや母親が今感じている悩み、上手くいかなくてイライラしていることなどを丁寧に聴き、プレイセラピーなどを通じてストレスを解消するお手伝いをしています。人の人生に関わる大変な仕事ですが、苦労と同じだけ達成感を感じ、笑顔から元気を貰えるやりがいのある仕事だと思います。この厚生館で皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

社会福祉法人 大分県福祉会
〒870-0025
 
大分県大分市顕徳町1丁目13-17
TEL:097-532-3472
FAX:097-532-3475
554810
<<社会福祉法人 大分県福祉会>> 〒870-0025 大分県大分市顕徳町1丁目13-17 TEL:097-532-3472 FAX:097-532-3475