会長挨拶

 

会長挨拶

会長挨拶
 
社会福祉法人 大分県福祉会   会長  有松 一郎  
 

   皆様におかれましては、平素より大分県福祉会に対しまして、多大なご協力・ご支援を賜り、心より厚く感謝申し上げます。

さて、昨今私ども社会福祉法人に寄せられる期待の高まりや、社会的要請は大きく、そして対応すべき事象の複雑化が進んでいるように感じております。これまで以上に、利用児者の幸福の追求はもちろんのこと、社会インフラの一部としての機能充実に対して、更なる取り組みが求められるようになりました。

前例にとらわれず、そして現状に満足することなく、自ら新しい福祉を開拓し、信頼と負託に応えることこそが、我々に与えられた使命であると感じております。

そこで昨年度、本会におきましても、それらの新たな期待や要請に対応すべく、役職員の人間力向上を目的として、キャリアアップ制度を創設しました。自己実現を目標に、役職員自ら成長を続けることを通じ、福祉技術向上を図り、利用児者の心からの笑顔を実現してまいります。また施設面でも、更なる安心・安全の実現を目的として、うえの園・清明あけぼの学園の大規模改修に着工いたしました。私どもの掲げる理念の実現に向けて、確実な歩みを刻むことができたと感じております。

さらに今年度の大分県福祉会では、役職員の更なる人間力の向上と縦横のチームワークの実現に向け、キャリアアップ制度における自己評価制度の導入、児童家庭支援センター「ゆずりは」の開設を初めとする地域ニーズへの取り組み、利用児者の安全性や利便性向上を目的とする施設の改築に向けた取り組み、また、新たな福祉ニーズの対応に向けた専門家育成や外部機関との連携等、社会インフラとしての機能充実を最大のテーマとして事業運営を行ってまいります、本会各施設が求められる機能を備え、人材育成に積極的に取り組み、数多くの専門家を育てることこそが、利用児者の皆様の安心・安全、そして私どもへの信頼へと繋がることと確信しております。

このような取り組みを通じ、運営母体である社会福祉法人大分県福祉会と各施設との連携を更に深めつつ、経済環境や制度に左右されない経営と、利用児者の皆様の喜びを我が喜びとする、使命感溢れる福祉の実現、徹底した情報公開に重点を置いた運営を実現してまいります。

最後に今後の益々の皆様のご支援・ご協力を賜りますことを心よりお願い申し上げご挨拶といたします。

社会福祉法人 大分県福祉会
〒870-0025
 
大分県大分市顕徳町1丁目13-17
TEL:097-532-3472
FAX:097-532-3475
546124
<<社会福祉法人 大分県福祉会>> 〒870-0025 大分県大分市顕徳町1丁目13-17 TEL:097-532-3472 FAX:097-532-3475